店舗・工場の電気料金を確実に削減!経費削減コンサルタント

高圧電力の基本料金を下げる3つの方法

基本料金


↑クリックであなたのその不安を解消!!

 

 

ひらめき454Wひらめき

 

 

 

 

 

昨日の記事では高圧電力の仕組みに

ついて書きました

 

 

 

昨日の記事はコチラ↓↓↓

 

 

 

 

 

負荷設備契約から主開閉器契約の変更は電子ブレーカーで確実に基本料金を削減します | 店舗・工場の電気料金を確実に削減!経費削減コンサルタント
低圧電力は設備容量(モーター)の合計kwで基本料金を決める負荷設備契約と設備容量の合計kwに関係なく稼働状況に合わせたブレーカーのA(アンペア)数で基本料金を決定する主開閉器契約があります。電子ブレーカーを使って主開閉器契約に変更することで電気基本料金を大幅に削減することが可能です。

 

 

 

30分毎に計測された最も高い電力量

で基本料金が決まる仕組みで

 

 

 

 

 

 

 

 

1日に48回1年間で17520回計測

された中で一番高かった電力量

で基本料金を決められてしまうので

 

 

 

基本料金を上げてしまわない為に

常に電力量が前年比を超えないように

注意しなければならなくなり

かなりのストレスになります

 

 

 

 

高圧電力の効果的な基本料金の下げ方

 

 

 

高圧電力の基本料金を

下げるための

主な方法としては3つあります

 

 

 

 

 

電力会社を乗り換える

 

 

こちらはお金をかけずに

電気料金を下げる方法で

 

 

 

今契約している電力会社より

基本料金の単価が低ければ

乗換えをするだけで確実に

基本料単価を下げることが可能です

 

 

 

電力を使用する量にもよりますが

5%前後は下げられるケースが多いです

 

 

 

 

照明をLEDに切り替えて

空調を最新のものに切り替える

 

 

 

 

 

照明や空調を省エネタイプに

切り替えることで消費電力が下がります

 

 

 

 

消費電力が下がるという事は

30分間に使う最大電力量も

一緒に下げることが出来ます

 

 

 

 

1年間というスパンで見ていくと

使用量も抑えながらデマンド値も

下がるので基本料金も自動的に

下がることになります

 

 

 

 

使用料金と基本料金を同時に下げる事

が出来るため照明や空調の入れ替えは

早めに検討するべきですね

 

 

 

 

 

デマンド監視装置もしくは

デマンドコントローラーで

ピーク値を抑える

 

 

電力会社乗り換えも省エネ化も

とっくに済んでしまったよ

 

 

 

 

そんな場合は最大電力量を減らすために

同時に設備が稼働する時間をずらすなど

ピーク値を下げる努力が必要になります

 

 

 

 

小まめに使わない箇所の照明を切る

電気をたくさん使う機械や設備は

同時に立ち上げないようにするなど

 

 

 

 

人の手で節電に取り組むことで

ピーク値を落とすことが出来ますが

 

 

 

 

複数人が電気を同時に使う環境下に

ある場合はピーク値を抑える事が

非常に困難な作業になります

 

 

 

 

不特定多数の人が電気を使う工場では

以下のものを使用して最大電力を

揚げない工夫をしています

 

 

 

 

デマンド監視装置

 

 

 

 

 

 

 

目標にするデマンド値を決めて

デマンド値を超えてしまいそうに

なったら警報を鳴らします

 

 

 

警報に気付いた人は一時的に

設備の電源を落として目標値を

超えないように調整をします

 

 

 

 

それでも手動でコントロールする

ので1回でもピークを越えて電気を

使ってしまった場合

 

 

 

 

向こう1年間は高くなってしまった

基本料金を払うことになります

 

 

 

 

手動でやると大変な

デマンド値のコントロールを

自動的に監視・管理を

やってくれるのが

 

 

 

 

デマンドコントローラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは24時間体制で電気の使用状況

を監視・管理をしてピーク値を

超えそうになったら

 

 

 

 

空調や照明の一部を落として

最大電力が目標値を超えないように

調整をします

 

 

 

 

以上の3つの方法に取り組めば

かなり大きな削減効果を出す事

が出来るはずです

 

 

 

 

高圧電力の基本料金を削減する

3つの方法のうち1つでも取り組み

をしていない項目があったら

早めの見直しをお勧めします

 

 

 

 

 

 

今日はこのへんでおしまい

 

 

 

 

 

問い合わせ方法はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

 

↓の画面から

メールでの問い合わせをクリックしたら

 

 

 

 

ホームページの問い合わせ画面に飛ぶので

ここから画像を貼り付け

 

 

お問い合わせお待ちしております


お問い合わせ

会社名 株式会社 RAIZIN
住所 〒730-0037
広島県広島市中区中町2-22
広島SEED203号
TEL 082-545-1335
FAX 082-545-1339
営業時間 9:00〜18:00
定休日 日・祝日

コメントを残す

電力削減コンサルタント

名前 上田 篤
職業 広島・店舗や工場の電気料金を
必ず削減する電力コンサルタント
住まい 広島県
出身 福岡県
誕生日 1978年5月31日

Profile

中小規模企業の電力料金を削減する余剰資金創出コンサルタント
福岡県生まれ。高校卒業後,電力料金削減のビジネスモデルに感銘を受けてこの業界へ足を踏み入れる。
営業で順調に売上を伸ばすも会社全体の業績は徐々に悪化し売りっぱなし体質も祟り会社は倒産。
会社が倒産した時、今後自分のお客様のアフターフォローが出来ず、売るだけしかできなかった自分に憤りを感じる。 この後、メンテナンスの実務経験を身に付けるために電気工事会社へ。
この時工事先のお客様から売ったら売りっぱなしという声を多く耳にする。
顧客を置き去りにする売りっぱなしの業界体質を変えるために独立を決意し起業。
中小規模企業の電力削減実績はのべ1000件以上。 平均20%の電気料金の削減、最大で40%の削減で月額5万円以上の削減。
豊富な現場経験と自社で開発した特許商品により他社では削減できない案件でも削減が可能に。
コストカットで満足せず、余剰資金で新たな価値を生み出すビジネス作りに向かうよう、経営者へのコンサルティングを提供している。

月別記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

© 2017 店舗・工場の電力削減はライジン

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss