店舗・工場の電気料金を確実に削減!経費削減コンサルタント

一方的な情報操作に惑わされていませんか?

おすすめ記事


↑クリックであなたのその不安を解消!!

 

 

ひらめき462Wひらめき

 

 

 

 

一方的な情報を真に受けて

前後の事実関係も確認せずに

否定し続けて人の話を聞こうとしない

 

 

 

 

こんな経験ありませんか?

 

 

 

間違った情報だったと

のちに違う事実が発覚しても

一方的に否定をした手前

認めるわけにもいかない…

 

 

 

 

こんな出来事が二十数年前から

電気の業界でも起こっています

 

 

 

 

電子ブレーカーという商品も

間違った情報によって

否定され続けていた時期もあります

 

 

 

 

 

 

 

電子ブレーカーという製品は

電圧を絞ったり電気系統の

制御を行なう製品ではありません

 

 

 

 

正しい認識は省エネ商品というより

 

省コスト商品

 

という位置づけになります

 

 

 

 

今となっては

「電子ブレーカーは省コスト」

という認知が広がっていますが

 

 

 

当時はある詐欺商品と

誤った認識をされることが

多くありました

 

 

 

 

この機械を取り付けるだけで

電気代が20%以上も

安くなるんですよ!

 

 

 

この言葉に乗せられて

節電効果をうたわれた機械を

取り付けるも

 

 

 

 

何カ月たっても一向に

電気料金が下がらない

 

 

 

 

全国に数十万台設置され

なんの節電効果もないと

社会問題なった

 

 

 

 

 

 

 

節電器

 

 

 

というものが出回ったせいで

 

 

 

電気=あやしい

 

 

 

という図式が長年

付きまとうことに

なってしまいます

 

 

 

それと同時期に電力会社は

新しい電気契約プランを

打ち出すのですが

 

 

 

この契約方法が設備の稼働に

合わせたブレーカーを設置する

という契約方法で

 

 

 

主開閉器契約

 

 

 

 

 

 

 

というのですが取り付ける

ブレーカーが機械と勘違いされ

 

 

 

 

節電器とブレーカーが混同されて

しまうようになってしまいます

 

 

 

 

電子ブレーカーは節電器と勘違いされていた

 

 

 

電力会社も設備の合計で基本料金

を決める負荷設備契約から

 

 

 

設備の稼働に合わせる

主開閉器契約が新たに出来たこと

を積極的に告知しなかったため

 

 

 

同時期に出回った節電器と混同

されてしまい主開閉器契約への

切り替えが大幅に遅れる事に

 

 

 

 

現在も低圧部の電気契約で

主開閉器契約を選択している

需要家は全体の実に

 

 

 

5%程度

 

 

 

にとどまっています

 

 

 

 

今現在は2016年の電力自由化

により新電力会社の選択が

出来る様になり

 

 

 

再び主開閉器契約

(ブレーカー契約)に

注目が集まっています

 

 

 

 

明日から数回に分けて

主開閉器契約には欠かせない

 

 

 

電子ブレーカーの歴史

 

 

 

について書いていきたいと思います

 

 

 

 

今日はこのへんでおしまい

 

 

 

 

 

問い合わせ方法はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

 

↓の画面から

メールでの問い合わせをクリックしたら

 

 

 

 

ホームページの問い合わせ画面に飛ぶので

ここから画像を貼り付け

 

 

お問い合わせお待ちしております


お問い合わせ

会社名 株式会社 RAIZIN
住所 〒730-0037
広島県広島市中区中町2-22
広島SEED203号
TEL 082-545-1335
FAX 082-545-1339
営業時間 9:00〜18:00
定休日 日・祝日

コメントを残す

電力削減コンサルタント

名前 上田 篤
職業 広島・店舗や工場の電気料金を
必ず削減する電力コンサルタント
住まい 広島県
出身 福岡県
誕生日 1978年5月31日

Profile

中小規模企業の電力料金を削減する余剰資金創出コンサルタント
福岡県生まれ。高校卒業後,電力料金削減のビジネスモデルに感銘を受けてこの業界へ足を踏み入れる。
営業で順調に売上を伸ばすも会社全体の業績は徐々に悪化し売りっぱなし体質も祟り会社は倒産。
会社が倒産した時、今後自分のお客様のアフターフォローが出来ず、売るだけしかできなかった自分に憤りを感じる。 この後、メンテナンスの実務経験を身に付けるために電気工事会社へ。
この時工事先のお客様から売ったら売りっぱなしという声を多く耳にする。
顧客を置き去りにする売りっぱなしの業界体質を変えるために独立を決意し起業。
中小規模企業の電力削減実績はのべ1000件以上。 平均20%の電気料金の削減、最大で40%の削減で月額5万円以上の削減。
豊富な現場経験と自社で開発した特許商品により他社では削減できない案件でも削減が可能に。
コストカットで満足せず、余剰資金で新たな価値を生み出すビジネス作りに向かうよう、経営者へのコンサルティングを提供している。

月別記事

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2017 店舗・工場の電力削減はライジン

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss